Self Service

(勝手に)ART-SCHOOLやSPITZやGRAPEVINEの楽曲を全曲解説するBLOGです。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
プロフィール
■ニックネーム:aopy
■年齢:23
■住んでるところ:Near Byodo-In, Japan
■主な参考資料:
Spitz:単行本『スピッツ』『旅の途中』・ROCKIN'ON JAPAN誌・MUSICA誌・別冊宝島誌(Vol.36.46)、Twitterのマサムネbot,シロイヌbotなど
ART-SCHOOL:各盤ライナーノーツ・MARQUEE誌・ROCKIN'ON JAPAN誌・MUSICA誌、狂人日記、木下氏・戸高氏・日向氏・大山氏・櫻井氏のTwitterアカウントなど
GRAPEVINE:単行本『書生・田中和将の"とんと、ご無沙汰。"』『田中牛乳』・ROCKIN'ON JAPAN誌・MUSICA誌・音楽と人誌・ぴあ誌・Twitterの田中botなど


Spitzは『インディゴ地平線』がリリースされたくらいの7歳くらいの頃から、
ART-SCHOOLは『PARADISE LOST』がリリースされたくらいの15〜16くらいの頃から、
GRAPEVINEは『Chronology』がリリースされたくらいの15歳くらいの頃から聴き始めました。

Spitzの最も好きな盤は『名前をつけてやる』と『フェイクファー』が拮抗しています。
ART-SCHOOLの最も好きな盤は『Requiem For Innocence』と『LOVE/HATE』が拮抗しています。
GRAPEVINEの最も好きな盤は『Lifetime』と『イデアの水槽』が拮抗しています。

Spitzの特に好きな3曲は、「フェイクファー」、「日なたの窓に憧れて」、「プール」です。個人的な裏名3曲は「俺のすべて」、「HOLIDAY」、「ババロア」です。
ART-SCHOOLの特に好きな3曲は「水の中のナイフ」、「LUCY」、「LOVERS LOVER」です。
GRAPEVINEの特に好きな3曲は「望みの彼方」「HOPE(軽め)」「フィギュア」です。


普段はオルタナティヴやインディ感覚のあるバンドが邦洋問わず好きで、特に90年代オルタナ周辺のサウンド、価値観、スタイルに最も共感し、US北西部とアイスランドのシーンに注目して聴いていますが、邦楽もよく聴いています。 なかでも80年代のテクノポップはここのところめちゃくちゃ聴いています。
COOKIE SCENE、only in dreamsなどの音楽メディアを中心に記事を書かせていただいてます。京都でインディロックバンド、Bathroom Sketchesのフロントマンもしています。一昨年は米国シアトルに住んでいました。

Syrup16gやメレンゲ、P-MODEL(と平沢進)の全曲解説もしたいところ。


現在、多忙につき半更新停止中です…が加筆修正は時に行っています。
■2013春先…再び多忙から更新頻度が落ちています。ご容赦ください。加筆修正はしています。
□2013晩冬…更新再開しました。加筆修正は随時行っています。
GRAPEVINEも全曲解説始めました(New!)